本のしくみ

本の各部の名称とその意味を解説いたします。

本
左 中央 右

用語解説

本の中身をとじた厚みの部分(背中)を指す。書名がここに印刷されるのが一般的。
かど
本のかどの部分。ここは折れたり綻びやすいので、強度を保つため革張りの装飾を施したものなどもある。
上製本(ハードカバー)の場合は表紙に厚紙が使用されるため、本を開きやすくするために表紙と背の間にこの溝を入れる。
スピン
本についている紐状のしおりのこと。背の部分に接着剤で付けられている。一般的に上製本のみに付いているが文庫本などに使用されているものもある。
ヘドバン
中身の背の部分の上下に貼付ける布のこと。本の強度を保つためと装飾を兼ねている。花布(はなぎれ)とも呼ばれる。
ジャケット
本の表紙を覆うカバー(表装材)のこと。本の内容に沿ってデザインされ、用紙もさまざまなものが使用される。
表紙に巻き付ける細長い用紙のことで、腰巻と呼ばれることもある。本の紹介や推薦文などが入り、表紙との関連性・宣伝を目的としたデザイン・レイアウトがなされる。
チリ
表紙の中で中身よりも大きい余白の部分を指す。中身と表紙が別々に断裁される上製本のみにこの余白をつける。
本の上の部分。上製本は化粧断ちといって地・小口とともに天が綺麗に仕上げ断裁されるが、文庫本などの並製本の場合は化粧断ちを行わないものもある。
本の下の部分。天小口などというように本の方向を表す言葉としても使われる。罫下(ケシタ)と呼ぶこともある。
小口
ノド(綴じ目)とは反対側の本を開く側のこと。天地と同様に断裁面の方向を指す。
ノド
本を綴じる側。本を開いた状態(見開き)の真ん中の部分。
本の中での最初に該当するページ。本のタイトルやイラスト・写真などが挿入されるのが一般的で、本文用紙より上質な用紙を使用することも多い。ちなみに本文の途中に入る章タイトルなどのページは、中扉と呼ぶ。
見返し
本の表紙と中身を貼り合わせるための用紙のこと。二つに折られた一方を表紙の裏側に貼りつけ、もう一方を中身に貼る。