製本のしくみ:綴じ方の種類

本の綴じ方の種類について解説いたします。

綴じ方
左 中央 右

用語解説

無線綴じ
糸や針金を使用せず背の部分を接着剤で固めて綴じる方法です。ページを順番に揃えてまとめた後に表紙で覆い、背の部分以外の三方向(天、地、小口)を断裁して仕上げます。ページを表紙で覆う前に背の部分をカットして糊付するカット無線と、背をカットせずに穴をあけ、糊を浸透させて表紙で覆うアジロ無線という種類があります。
中綴じ
パンフレットなどのページ数の少ないものや、週刊誌などの雑誌にみられるもので、ページと表紙を合わせて、背の部分を針金で綴じる方法です。表紙を含む全てのページを綴じた後に断裁します。ページ数が多くなるほど内側と外側のページ寸法が変わるので、それをふまえた上での紙面レイアウトが必要になります。
平綴じ
報告書や小冊子などにみられるもので、ページのノドの部分(背から5ミリ程度)を針金で綴じる方法です。糊付をする無線綴じよりも耐久性がありますが、ノド側を綴じる事になるので、他の方法よりも本が開きにくくなります。このため紙面のレイアウトには綴じる部分の余白を考慮する必要があります。
この他にも、和綴製本、リング製本、バインダー製本などの製本様式があります。