データ入稿について

完全データの注意点

完全データとは、印刷用に作成されたデータのことで、当社にて修正などを行わず、そのままの状態で印刷が可能なデータのことです。

※入稿されたデータに不備が発見された場合、お客様に修正していただいてからの再入稿となりますのでご了承ください。

PDF

  • PDF/X-1a準拠のPDF形式にて書き出してください。
  • フォントはすべて埋め込み処理をしてください。
  • RGBのデータが含まれていないか確認してください。
  • セキュリティロックは設定しないでください(「PDFデータ作成手引き」参照)。

InDesign

  • SING外字機能は使用しないでください。

QuarkXPress

  • 「文字飾り」の「ボールド」「イタリック」は、和文に適用しないでください。完全な機能ではないため、太めのフォントやイタリックフォントの指定をお勧めします。
  • 標準以外のXTentionは使用しないでください。データを開くことができなかったり、体裁が崩れたりする可能性があります。

全アプリケーション共通注意点

ファイルについて

  • ファイル名に「禁止文字」を使用しないでください。
  •  例:(? [ ] / \\ = + < > ; : ” , | *)
  • 出力ファイルと配置ファイルは、同じフォルダ内に入れてください。
  • ファイルやフォルダ名で使用できる文字数には制限があり、Windows:全角127文字(半角255文字)、Mac:全角15文字(半角31文字)の範囲を超えて設定することはできません。

配置データについて

  • 画像(図版)等の配置ファイルが、リンクされているか確認してください。
  • 解像度は充分か確認してください(データ入稿について「画像データの注意点」参照)。
  • 1色刷のデータで、CMYKの値を持つ画像は、使用する版のみのデータとしてください。

フォントについて

  • MS明朝など、Windows固有のフォントは対応しておりませんので、使用しないでください。

カラーについて

その他

  • データの仕上がりのサイズと、印刷物の仕上がりのサイズは同じ設定にしてください。塗り足しを必要とする場合は、3ミリ以上の設定をお願いします(画像データ作成手引き「仕上がり線と塗り足し」参照)。
  • 罫線は、0.1ポイント以上を使用してください。それ以下の極細な線は、印刷されない可能性があります。

営業日カレンダー

(赤色は休業日です)

スマートフォン
スマートフォン