画像データ作成手引き

仕上がり線と塗り足し

仕上がりサイズと塗り足しについて

印刷物は、最初から本のサイズの紙に印刷するのではなく、大きな紙に複数のページをまとめて印刷し、それを折って並べてから縁を切り(断裁)、最終的に本のサイズとします。

仕上がりのサイズに断裁するために、『トンボ』と呼ばれる目印をつけて印刷しますが、背景に網や色をつけたり、写真や図版をページ全体に配置したい場合は、断裁位置が少しずれても目立たないようにするため、実際の仕上がりのサイズより外側に3ミリ程度はみだして配置します。これを『塗り足し』といいます。

一般的に『塗り足し』のあるデータは、仕上がりのサイズよりも、上下左右に3ミリずつはみだします。

営業日カレンダー

(赤色は休業日です)

スマートフォン
スマートフォン