画像データ作成手引き

アウトライン作成時の孤立点

Adobe Illustratorの文字ツールは任意の場所にカーソルをあわせてクリックをすることで、文字を自由に入力していくことができます。

しかしクリックをした後に何も文字を入力しないまま他のツールを選択して操作の切り替えを行うと、ドキュメント上にはテキストが入っていない空テキストのアンカーポイントが残ってしまいます。

このアンカーポイントは見た目上はテキストが入っていませんが、フォントの情報のみが残ってしまうため、アウトラインを作成することができません。このためにファイルを開く段階で、使用していないはずの書体が含まれているという警告が出てしまい、フォントトラブルの原因となることがあります。

データを入稿される場合は必ず全てのフォントをアウトライン化することをお願いいたします。

ポイント

上記のような孤立点は次の方法で削除することが可能です。メニューの「選択」→「オブジェクト」→「余分なポイント」を選択します。不要なポイントが選択されますので削除してください。

ポイント消去

アウトライン作成後にフォント情報が残ってしまう場合は、ドキュメントのレイヤーやオブジェクトにロックがかかっていたり、非表示になっているレイヤーなどに隠れてしまっている可能性があります。

フォントが残っているかは「フォント検索」にて確認することが可能です。メニューの「書式」→「フォント検索」を選択すると、ドキュメントに使用されているフォントの一覧が表示されます。アウトライン作成後にフォントが全てなしになっているかをここで確認してください。

フォント検索

営業日カレンダー

(赤色は休業日です)

スマートフォン
スマートフォン