配置画像・リンクと埋め込み

配置は主にリンクと埋め込みの二種類の方法で行います。

リンクは外部の元データから情報を参照し、ドキュメント内で表示する方法をいいます。

リンクには実画像がドキュメント内に含まれていない(表示されているだけ)ので、容量の軽いデータが作成できます。

また変更があった場合に外部の元データを修正すれば、配置したデータにも同じ結果が反映されますので、修正後にもう一度配置し直すという手間が省けます。

ただしリンクは外部の元データの移動や削除などにより情報を参照できなくなると、配置画像が表示されずにトラブルとなる可能性があります。

データを入稿される場合は外部の元データを一緒に添付し、配置に使用しているデータがわかるようにしていただくことをお願いいたします。

また外部の元データのファイル名を変えてしまうと、配置画像とのリンクができず、表示されなくなる可能性がありますので、ファイル名を変える場合はもう一度リンクを貼り直してください。

配置画像の保存形式は、eps、psd、tiffを推奨しています。

リンク画像

埋め込みは名前の通り、ドキュメント内に実画像を直接埋め込む方法をいいます。

埋め込みは一つのドキュメントで完結するのでリンクよりもシンプルな作成方法です。

しかし画像も全てドキュメント内に含まれるため容量が大きくなります。また、一度埋め込むとその後の修正はできませんのでご注意ください。

修正する可能性がない完成データは、リンクよりも埋め込みを使用した方が、配置画像が見つからないというトラブルを避けることができます。

埋め込み画像

以下でリンクと埋め込みの方法を説明いたします。

画像をリンクで配置する

画像をリンクで配置する場合、メニューの「ファイル」→「配置」を選択し、使用する画像を指定します。

ファイル配置

任意の場所から画像を選択し、ウィンドウの下にある「リンク」というチェックマークを付けることで、リンク画像として配置されます。

※「リンク」のチェックマークを外した状態だと、埋め込み画像として配置されます。

リンク配置

配置したリンク画像を埋め込み画像に変更する

すでに配置したリンク画像を埋め込み画像に変更する場合は、メニューの「ウィンドウ」→「リンク」を選択し、リンクパレットの右上のボタンから「画像を埋め込み」を選択すると、該当するリンク画像を埋め込むことができます。

ウィンドウ

画像埋め込み

Illustratorでは埋め込んだ画像に対してのカラー編集機能がありますが、色が潰れたり、とんでしまったりする可能性がありますので、配置画像の修正・編集はphotoshop(またはビットマップ画像処理ソフト)での作業をお勧めします。

営業日カレンダー

(赤色は休業日です)

スマートフォン
スマートフォン